LHD

ルミガン点眼薬 – ルミガン点眼液0.03%の効果や副作用

ルミガン点眼液0.03%の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。黒目(虹彩)の色が濃くなる [虹彩色素沈着]。

ルミガン点眼液0.03%(一般名:ビマトプロスト液)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経

ルミガン点眼液0.03%は、プロスタグランジン関連薬(点眼薬)に分類される。 プロスタグランジン関連薬(点眼薬)とは、眼圧を上げる眼房水の排泄を促進し、眼圧を下げて緑内障の悪化を防ぐ薬。

ルミガンは、まつ毛のボリュームアップ効果があると口コミで人気のまつ毛育毛剤!まつ毛をを長く濃くし、毛の密度もアップする作用があります。緑内障治療薬としても有効。ルミガンの通販・個人輸入はくすりの宅配便で!【配送100%保証】

4.8/5

「ルミガン点眼液0.03%」の添付文書です. (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与)

ルミガン点眼液はビマトプロストという物質で、プロスタマイドf2α誘導体(プロスタグランジンの仲間)です。緑内障や高眼圧症のために点眼治療薬として使用されています。 しかし、その副作用で、まつ毛が伸びたり太くなるということが知られています。

ルミガン 点眼薬